肺がんの初期症状 痰

スポンサードリンク

肺がんの初期症状 痰が出る

 

風邪をひいているわけでもないのにどうも咳が出る、それに痰がからんで取れないなあという場合、様々な病気の可能性はあります。

 

単に気道上皮が過敏になっている咳喘息のような状況が引き起こされているだけ、それに伴って痰も出ているという可能性はあります。

 

とはいうものの、肺がんについて、念頭に置いておくことは大事なことです。

 

 

特に、肺がんが起こりやすい状況にある方は真っ先にそうではないという診断を受けていく必要があると思います。

 

どういう方かというと・・・

 

第一に、タバコを吸っている、あるいは同居している親や配偶者が長年にわたってタバコを吸っている場合、咳が止まらない時には肺がんではないかと疑うのは常識と思っていてください。

 

第二に、粉じんや煙の多い職場で働いていらっしゃる方、こういう方々も長年にわたる小粒子の吸引による呼吸器上皮の傷害で、ほかの方々よりは癌化しやすい状態になっていると考えていてよいです。

 

 

ただし、痰がでると言ってもその性状によって危険度は変わってきます。

 

一番怖いのは赤黒い血痰が塊でぽんと出てきた場合です。

 

これは気道表面にできた扁平上皮癌の突出部が千切れて排出されたものを含んでいる可能性が高くなります。

 

それまでに特に激しい咳が続いたわけでもなくて、鮮血の混じった血痰が出たこともない、だけどいきなり黒っぽい血痰が出てきたよ、という場合には限りなく「クロ」に近いと考えていてください。

 

ただし、透明な咳がただ続いているという場合でも、いいえ、むしろ初期で見つけようと思ったらそういう時にこそ積極的に検診を受けておくことをお勧めします。

 

 

ロングスモーカーで痰が増えてきていると思う方、怖がっていないで早めにチェックしましょう。

スポンサードリンク

肺がんの初期症状 痰が出る関連ページ

背中の痛み
肺がんの初期症状、として背中の痛みがなぜかネットでは強調されています。その理由も含めて背中の痛みが初期症状となった場合について説明します。
熱がある
肺がんの初期症状、いくつかの理由で肺炎のような状況が引き起こされることがあります。
肩こり
肩こりや肩の重い感じがずっと続いていて、疲れが取れないなあと思っていたら、肺がんの初期症状だったというお話です。
血痰がぽんと出た
肺がんの初期症状として明快なものは血痰が出ることです、それもけっこう赤黒い感じのもの。これはあなたの身体があなたに教えてくれる貴重なサインです。
胸が痛い
肺がんの初期症状で胸が痛くなることがあるのか?ストレートな話題を考えてみます。
咳が止まらない 熱はない
止まらない咳、熱はない場合、ひょっとしたら肺がんの初期症状かもしれない?というお話です。