肺がんの診断 ステージ分類

スポンサードリンク

肺がんのステージ分類など

 

諸症状から肺がんが疑われ、画像診断などから肺がんであろうとの診断がついたら、それが現在どの進行段階にあるのかを判断することが行われます。

 

進行度に応じてステージ分類というものが行われるのですね。

 

これを行う理由は、過不足のない適切な治療を進めるためです。

 

 

ステージ、癌の種類に応じて、手術にするのか、抗がん剤にするのか、放射線療法にするのか、組み合わせるのかが決まります。

 

さらには、それらの強さも進行度に応じて決めていきます。

 

 

最も重要視されるのは、患者さんのQOLをできる限り護ることです。

 

苦しい治療を続けて一日長く生きたところで、苦しい一日が過ぎていくだけなら、価値のある延命とは言えませんからね。

肺がんの診断 ステージ分類記事一覧

肺炎 肺がん レントゲン

肺炎と肺がん、どちらもレントゲンで最初の診断、というか、可能性が指摘されることのある病気です。ただし、どちらも問診や聴診、さらには他の画像診断などの検査との併用が重要で、レントゲンだけでの鑑別は難しいものになります。肺炎の場合は炎症性疾患ですから、言うまでもなく発熱、感染に伴うCRP上昇、痰の排出や...

≫続きを読む

肺がんの初期症状 微熱

時々ニュースで見かけるのが、芸能人や学校の先生などの大勢の人と関わる職業の人がなかなか咳が止まらなくて、それが実は結核に感染していたのだというニュースです。本人には自覚がなかったので仕方ありませんが、困るのはそれを診察した医師も結核に気付かなかったケースがあることですね。結核はそうかもしれないという...

≫続きを読む

肺がん ステージ1の症状と診断

肺がんのステージ1というのは肺内に癌組織が限局しているものを指します。ただし、ステージ1だから早期発見でした、安心ですねとは言い切れないものはあります。実はこのステージ1には様々な段階がありうるのです。たとえば直径1pのがんが見つかった場合(これは血痰が出て病院に持って行ってがん細胞があるからとPE...

≫続きを読む

肺がん 良性と言われた

肺がんだったけど良性だったから助かったんだよ、なんて話を聞かれたことがあるでしょうか?それって何かの勘違いじゃないの?癌というのが誤診だったんじゃないの?そう考えるのが普通です。でも、癌だと診断されて切除術を受けて病理診断を受けたら、腫瘍は腫瘍だけれども、癌とまでは言えない顔つきの腫瘍だったというこ...

≫続きを読む

肺がん ステージ 2の診断と治療

ステージ2の肺がんというのはどういうことでしょうか?進行がんなの?それともまだ早い段階で初期発見なの?いきなりステージ2だと聞かされてもパニックになって、まとまらない考えが頭の中をぐるぐると駆け巡るばかりかと思います。ステージIIは肺内に癌が限局しているものの、肺内のリンパ節にのみ転移が認められる状...

≫続きを読む

スポンサードリンク